シュミレーションで選ぶ住宅ローン借り換えサービス

諸費用、金利を全て合わせたうえでシュミレーションすることが大事です。

メインイメージ

返済プランをはっきりと決める

NKJ56_commandmba500
固定金利型住宅ローンを組んでいる方は返済プランがはっきりしていて、支払い総額もほとんど変化しないことから、住宅ローンの借り換えを考える方は少ないかと思いますが、変動金利型住宅ローンを組んでいる方は同じように考えていてはいけません。
変動金利型住宅ローンを組んでいる方は、金利の変動によって大きく支払い総額が変わってしまう他、月々の支払い額が増えて支払いが出来なくなってしまう危険があり、土地や家が担保として取り上げられることもあります。
それは、変動金利型住宅ローンには未払い利息が発生する危険があるからです。
未払い利息とは金利が大幅に高くなった場合、月々の返済額以上に利息が増えて、利息分しか返済出来ていない現象です。
その現象を抑えるために変動金利型住宅ローンには金利アップのルールがあります。
一つは5年間返済額が変わらないこと、もう一つは返済額が見直されても1.25倍を上限として見直されるということです。
それらを考えても低金利が続いている現在は、いつ金利が上昇するかわからない変動金利型住宅ローンのほうがリスクが高いと言えるでしょう。
言い換えれば、変動金利型住宅ローンを選択されている方は金利が上昇する前に借り換えを考える必要があると言えるでしょう。

お得な方法

住宅ローンがお得になる方法のひとつである、借り換えにはいろいろな手続きがあります。また万を超える費用もかかります。そのため面倒になって借り換えをしなかったり、メリットがあるかどうかも確認せずに借り換えをして損をしてしまったりと問題が多いです。しかし、住宅ローン借り換え ホムロンといった安心できるサービスを選べば住宅ローンの借り換えはちゃんとした手順とタイミングで毎月の支払う金額はガクンと変わります。なので、今回は住宅ローンの借り換えのタイミングについてご紹介したいと思います。まず、住宅ローンの金利は日本国内や海外の動きによって常に変わります。今の日本は低金利の時代です。数年前の住宅ローンと比べて見ると金利面ではかなり楽です。しかし、今の状態がいつまで続いてくかは、誰にもわかりませんが、タイミングにはちゃんと目安があります。その中のひとつ、組んでいた固定金利期間の終了時です。この固定金利には短期から長期までの種類があり、期間は3年や5年、10年などがあります。一般的に長期になればなるほど当然金利も高くなりますが、最初に住宅ローンを組む場合に限っては、銀行の特別金利を選べます。これは普通よりも低い金利でローンを組むことができます。しかし、固定金利の期間が終わってしまうと普通の金利が適用されてしまい、金利は大幅にアップ。それならば、いっそ金利全体を見直して有利な住宅ローンへの借り換えようと考わけですが、先ほども述べたように、住宅ローンに適用される金利は日本国内と海外の動きによって常に変化しています。つまり、損をしてしまう可能性も十分に考えられるのです。今は低金利でも、1年後には金利が高くなっているかもしれません。一応、金利の動きには統計上一定の波があるそうなのですが、その波が絶対に狂わないわけがありません。固定金利の期間が終わる寸前に金利が高くなれば、当然損をしてしまいますね。だからこそ、今の低金利の時代に将来のことを見据えて借り換えをするかどうかを考えた方がいいと思います。

カテゴリー

  • カテゴリーなし

住宅ローン

http://www.resona-gr.co.jp/saitamaresona/kojin/service/kariru/jutaku/loan/index.html?gclid=CIaWysD5qboCFUFepQodWhsA9w

イオン銀行

http://www.aeonbank.co.jp/housing_loan/lp/new.html?utm_source=sem&utm_medium=sem&utm_campaign=sem&re_adpcnt=7pm_4KXL&device=c